若者に未来を託す!

f:id:salon-collage:20210401113438j:plain

f:id:salon-collage:20210401113554j:plain

Bonjour

あれは40数年前のことです。

私は母と二人で駅のホームにて談笑しておりました。

“上京”………… 現在は3時間余りでその目的は達せられますが、、当時はある種の覚悟が必要でした。

夜行列車を待つ私は、見送りに来てくれた母と駅のホームに佇んでいたのです。

話を途切らせてしまうと溢れ出るものがあったので、あまり内容のない話を続けていたような気がします。

出発時刻となり列車が動き出します。

車窓から街灯の灯りを目に焼き付けようと思いました。

母が大きく手を振っています。

両親や家族のことが走馬灯のように頭を駆け巡ります。

私はその後、母が作ってくれた大きなおむすびを頬張ったのです。

あれから長い年月が過ぎ去りました。

『ふるさとは遠きにありて思うもの』

離れてこそ、支えてくれた存在の大きさが分かるものです。

新天地に踏み出した若者たち!

感謝の念を忘れず、未来に羽ばたいてください[emoji:B04]

Au revoir ★